toggle

#007 「記憶のアトリエ」in 幸ハウス

2019年6月8日(土)10:00~16:00まで、 静岡県富士市の川村病院に隣接する「幸ハウス」さんで「記憶のアトリエ in 幸ハウス」をひらきました。

小児科医の川村真妃さんが代表となり、がん患者さんやご家族、ご友人が過ごすことができる場所として昨年春に誕生した幸ハウスさん。がんになり孤独や戸惑いの中にいる患者さんやご家族が気軽に訪れ、安心して話ができ、自分の力を取り戻せる場所として、毎週水曜日にオープンされています。

「患者さんやご家族が大切にしたいことを大切にできる場所でありたい」そんな想いから、定期的にさまざまな専門性を持った方を招いたプログラムも開催されていて。その一つとして“大切な記憶”に触れ、綴じる「記憶のアトリエ」にもお声がけいただき、昨年春と秋に「記憶のアトリエ in 幸ハウス」をひらき、本づくりのワークショップもひらきました。(第1回目の様子、 第2回目の様子 )

3回目の開催となる今回も、前日に伺い設営を行いました。前回のアトリエから今日まで、毎週水曜日に積み重ねて来られた幸ハウスさんの足跡を一緒に辿りながら。また、明日のアトリエへの想いやこれからの幸ハウスさんのことも伺いながら。半年に一度の訪問だからこそ、この半年で育まれてきたもの、今回のアトリエをたのしみにしてくださっている方の想いをじっくり教えていただく。この時間はとても大切な時間です。

同じ建物にある訪問看護ステーションの看護師さんも覗いてくださり、うれしい再会も。川村病院の先生も覗いてくださり「明日は土曜日だし、入院中の方にも声をかけてみよう」とご提案くださり、看護師さんが追加印刷してくださった案内フライヤーを持ち帰ってくださいました。みなさんのちょっとした一声やひと添えから、さまざまな職種のみなさんが、患者さんやご家族のことを考えておられる病院なのだなと改めて感じながらの設営になりました。

今回も、あたたかな光が射す大きな本棚の前を本づくりの空間に。本づくりの道具や素材を並べて、アトリエ開催中は自由にみなさんのペースで「“大切にしているもの”を見つめるワークショップ」を体験していただける場が広がりました。

奥の空間は、誰かの“大切な記憶”が綴じられた本を並べて、ゆっくり過ごすことのできる空間に。展示の什器も、本棚の棚板や収納ケースなど、その場にあるものをお借りしながら「記憶のアトリエ」を設えてゆきます。

20190608kiokunoatelier12

アトリエ当日は、雨予報が一転朝から青空に。3回目の開催ということもあり、前回や前々回にお越しくださった方もいらっしゃれば、ようやくタイミングがあいお越しくださった方も。うれしい再会や新しい出会いがたくさんありました。

この春、富士山南麓地域の文化的活動を掘り起こして紹介する、地元でいちばんまじめで濃密な地域“物語”紙「Face to Face」に、幸ハウスの看護師 植竹真理さんのインタビューが掲載されたこともあり『「Face to Face」を読んで来ました』とお越しくださった方も。結局10時のオープンから途切れることなく、みなさん本に触れたりおはなしをしたり……今までで一番あっという間の1日だったように思います。

本づくりに参加してくださった方も多く、15冊の『yohaku』と2冊の豆本に、みなさんそれぞれの「大切にしているもの」が綴られてゆきました。みなさんのペースで、区切りの良いところまで。それでも、それぞれの色や記憶でした。その中から少しだけ、写真におさめた記憶をご紹介します。

20190608kiokunoatelier18

20190608kiokunoatelier23

テーブルに並んだ素材から、アトリエにあった色とりどりの小さな紙片をあつめて、ガーランドを作っていらっしゃった方。娘さんとの思い出を綴じるための1冊として、表紙を丁寧に仕上げて持ち帰られました。

お帰りになったあとに残った、綺麗にまとめられた紙片と可愛らしい文字のあと。丁寧につくられた時間は、そのあともうつくしいのだなと。アトリエにいたみなさんと見つめながら、そんなことを語り合いました。

20190608kiokunoatelier19

ワークショップをたのしみにお越しくださり「大切にしているもの」を見つめなおして原稿の準備もしてくださっていた方。

きっと時間をかけて掬い上げてこられたのであろうことばたちが、1ページ、また1ページと本の中へ綴られてゆきます。その迷いのないリズムと、表紙に添えられた『WATASHI』というタイトルにぐっとくるものがありました。

20190608kiokunoatelier20

アトリエには、今まで開催した町のみなさんからいただいた「記憶の欠片」もたくさんあります。季節の微笑みが浮かぶ、小さな草花の押し花。昨年いただいた木の葉もハートの型抜きで抜いて、世界でひとつの色とりどりのハートになっています。

たくさんの記憶の欠片から、みなさんの記憶と重なる一輪、一片を選びながら。持ち寄ってくださった大切なことばや思い出のお写真と一緒に綴じてくださっていました。「わたしにとっては、これが大切なものだなって」綴じられた記憶とみなさんの声に、それぞれの想いを感じます。

「もし完成したら、また見せに来てくださいね」いつか本の余白に綴られるみなさんの“大切にしているもの”を想像しながら、そうお声がけして声を交わすひとときは、何にもかえがたいものがあります。

お越しくださってからしばらくは、奥のスペースで本を読んだりおはなしされたりとゆっくり過ごされていたみなさん。本づくりの空間に座られたきっかけは何だったのでしょう?はっきりとは思い出せませんが、思いがけずのご参加ながらみなさんそれぞれの1冊を綴られていました。

ご家族それぞれへのメッセージなのだと、イニシャルを添えた小さな封筒を表紙に浮かべていらっしゃった方。

アトリエの素材を丁寧に見つめながら、1ページずつ紙の色を変え、組み合わせる素材を直感で選びながら、宝箱のような本を綴じられていた方。

押し花と紙片と手紡ぎの糸を使って小さな花束をアレンジしながら、遠くの町で暮らす娘さんへの贈り物にすると教えてくださった方。

黙々と制作されている様子を遠くから見つめてみたり、時々ふっと、大切な記憶に触れさせていただいたり。どちらの時間からも感じることがたくさんあります。

20190608kiokunoatelier24

「◎◎先生に教えてもらってね」「わたしは△△先生にこんなんあるよって聞いてね」と、前日に川村病院の先生が持ち帰ってくださったフライヤーを片手に、入院中の方も数名お越しくださいました。

「ちょっと気分転換に」と、みなさんが本づくりをされている様子を眺めていらっしゃった方。「せっかくだから家族に贈る本を綴じようかしら」と本づくりをされていた方。親、子、孫のご家族3世代でお越しくださり、それぞれの本づくりをたのしんでくださったご家族もいらっしゃいました。

みなさんのおはなしや表情から、先生と患者さん、良い関係を築かれているのだなとあたたかな気持ちになりながら。治療中の方も、そのご家族も。治療から少し離れた場所で、ひと息ついたたり、自分のことを見つめたり、同じ空間で一緒にたのしんだりという時間が流れていました。

病室のカーテンの仕切りの中で、小さく声を潜めていた患者家族として。また、心の痛みを押し殺してただただベッドに沈んでいたがん患者として。病院で孤独を感じていたかつてのわたしが必要としていたのは、こんな空間とひとときだったのかもしれないなと。みなさんの様子を見つめながらそんなことを考えていました。

20190608kiokunoatelier45

20190608kiokunoatelier46

20190608kiokunoatelier52

昨年の「記憶のアトリエ」にお越しくださり、その後もお住まいのある山梨に咲く季節の草花を押し花にしてお贈りくださっていた訪問看護師さん。1年ぶりにアトリエにもお越しくださり、今回も丁寧に押し花にしてくださった春の草花をたくさんくださいました。

アトリエに届いてすぐ、本に綴じられていった押し花も。ある人が持ち寄ってくださった記憶が、別の人の大切な記憶と重なり本の中へ。その様子を見つめることができるアトリエの時間がとても好きです。

アトリエが終わる頃には少し落ち着き、幸ハウスのスタッフのみなさんも本づくりを体験されたり、ご家族へ小さなお手紙を綴られたり、それぞれ今日の記憶をおさめていらっしゃいました。

20190608kiokunoatelier53

そんなこんなで、今回もたくさんの方がお越しくださりあたたかなアトリエとなりました。お越しくださったみなさま、そしていつもあたたかく迎えてくださる幸ハウスのみなさま、アトリエ用に押し花やマスキングテープなどをくださったみなさま、本当にありがとうございました。

幸ハウスに隣接する川村病院では、ホスピスの建設もはじまっているそうです。病院、訪問看護ステーション、ホスピス……そして幸ハウス。患者さんもご家族も、地域で暮らすみなさんがそれぞれが大切したいことをともに見つめ、その人らしく生きることに寄り添う場が整いつつあるのだなと。そして、そんな場で「記憶のアトリエ」を継続してひらきながら、みなさんの記憶と声に触れる機会をいただけていること。本当に有り難いことだなと感じています。

次回の「記憶のアトリエ」は、11月9日(土)に幸ハウスさんで開催予定です。その時にまた、お会いできることをたのしみにしています。